針灸を専門学校で学ぶ

針灸を専門学校で学ぶのと内科や外科を学ぶのとでは大きく違いかあるようで、苦しんでいる方達を助けてあげられる、支えになれるという人生としては同じ意味を持つ専門学校の学科だと思います。
針灸は開拓されている分野でもありますが「地元でも針灸院がどこにあるかわからない」「針灸って何?怪しい治療なんじゃない?」と思う方がいたらそれは一つのシェアが地元で出来るのと同時に、全国的に認知されていないからこそ、仕事ができる、仕事にできるという利点がありますし、専門学校にもよりますが、専門学校の実習も実際の治療院で出来る所もありますし、実際に専門学校で学びながら実習、実習しながら学ぶという両方の願いが叶うのも確かですし、実践的な指導体制が多いようです。
東洋医学では大切にされてきた針灸(はり・きゅう)ですが、私も昔お灸をすえられましたが、このお灸をすえるという言葉に抵抗がある方も多いと思いますし、事実、皆さんもお灸は嫌な体験を持たれている方もいると思います。
それは良くわかりますが、実際のお灸は熱さも痛みもかすかにしか感じない事も多いようですけど、お灸の誤解は専門学校で学んだ方でも知らない現実もあると思います。
東洋医学の針灸が日本の文化の中に入ってきたときに、お仕置きをするためにお灸を使っていた人たちがいたのでお灸は熱くて痛くてやけどするものと思う認識が生まれてしまい、お灸をすえると教育の為になるとうわさが広まったことで、本来のお灸が誤解されている事がとても多いことは確かです。
針もこれまた誤解があるようですが、背中や腰に針を刺すなんてと思う方もいると思いますが、東洋医学は基本的になるべく痛みはない方法で治療するので、その中でも針灸は誤解が生まれていますが、針も痛みを感じるか感じないかぐらいのものですので、それは誤解しないでください。
針灸を専門学校で学ぶときに私が書いたことを思い出して、ああ、みんな不安なのだなと考えてくだされば幸いですし、そのような事もあるのだなと頭に入れておくのと、想定しないのとでは全く違いますし、針灸を専門学校で学んだら仕事は出来ると思いますが、上記のような理由で患者さんが来ないという現実があるので、誤解は大きいですし、何か対策を取った方が良いですし、針灸は痛くて辛くて怖いものという意識を取り除いてあげる事も専門学校の実習で学ぶ事になると思いますが、東洋医学は西洋医学より日本では認知されていませんが、東洋医学はある意味とても現実的な面もありますし、保険もきくので是非利用していただきたいですし、是非学生の皆さんには針灸の専門学校で学んでほしいです。